Press "Enter" to skip to content
  1. >
  2. >
  3. 商談時に利用する場所のメリット・デメリット

商談時に利用する場所のメリット・デメリット

カフェで商談を行うメリット・デメリット

メリットとしては、飲み物や食べ物を注文するだけで、その場のスペースを借りられることです。
ちょっとしたお金を出すだけで、冷暖房のきいた部屋で商談ができます。

静かな場所で商談をするのは少し緊張する・人と話すのがあまり得意ではないという人にとって、適度なざわつきがあるカフェはうってつけの場所です。

デメリットとしては、情報が漏れてしまう可能性が高いことです。
ざわつきがあるカフェとはいえ、誰が商談の話を聞いているか分かりません。
情報漏えいのリスクが高い場所であることを常に念頭に置いておきましょう。

確実に席が確保しにくいのもデメリットの一つです。
予約を受け付けていないカフェも多く、悪天候になると予想以上に混雑する可能性があります。

ホテルラウンジのメリット・デメリット

カフェよりも高級感があるところで商談を行いたい人は、ホテルラウンジがおすすめです。
高級感漂う居心地の良い空間で商談が進められます。

お酒を交わせる場として使えるのも、ホテルラウンジの魅力です。
商談は昼間ではなく夕方や夜に行われることもあります。
お酒好きな人と商談をする場合や、軽くお酒を交わしながら話をしたいときは、ラウンジバーを利用してみてはいかがでしょうか。

居心地が良いからとはいえ、長時間利用するのはあまりよろしくありません。
ホテルラウンジの利用は一般的に宿泊者を対象としているからです。混雑した場合は短時間の利用しかできません。

商談場所として人気のあるホテルラウンジには、多くのビジネスマンが集まっています。
ライバル会社が近くにいる可能性も高いため、商談内容を聞かれる可能性も大いに考えられます。

貸し会議室のメリット・デメリット

貸し会議室やレンタルスペースのほとんどは、駅やバス停に近いところにあります。
好立地にあるぶんスムーズに移動がしやすく、目的地に着きやすいので商談場所として最適なところの一つです。

利用人数に適した部屋がそろっているのも、貸し会議室の大きな魅力。
一口に貸し会議室といっても、少人数の部屋や大人数が収容できる部屋などさまざまです。商談規模に適したところを選びましょう。
また、商談や会議に必要なプロジェクターや無線LANといった備品もそろっているため、荷物を準備せずとも気軽に行けます。

商談を行うデメリットとしては、部屋を借りるコスト代です。
貸し会議室のレンタル料金は、利用時間やエリア、提供企業によって異なるため、もし利用する場合はそれらをきちんと確認しましょう。