Press "Enter" to skip to content
  1. >
  2. >
  3. AI技術の発展が生み出すものとは

AI技術の発展が生み出すものとは

AI技術の事例

ここ数年、非常に多くの場所で聞かれるようになってきたのが「AI(人工知能)」の仕事への導入です。
きっかけになったのはディープラーニングのブレイクスルーからで、2010年にアメリカで発表されてから、日本でもその記述が多くの場所で使用されるようになりました。

まず最初に使用されるようになったのがコンピュータを用いたビッグデータの使用で、IoTと言われる現実社会でネットワークを利用するシーンで広く用いられるようになっています。

キーボード

従来までのコンピュータと「AI」が大きく異なるのは、人間が指令を出した業務のみを処理するのではなく、コンピュータ自身で必要な業務を判断して行うようになったということです。
どんなに優秀なコンピュータであっても、人が指令を出さなければ演算が終了しないというシステムの不便さをなくし、コンピュータにできる判断はコンピュータにさせる、というのがAI導入の根本的な考えとなっています。

中でも導入が急速に開発されているのが医療分野で、病気の診断や治療方法などAIを導入することで、より正確な判断ができるようになることを目指しています。
その他にも翻訳や輸送分野などにもAIが導入されることで、劇的な変化が生まれることが期待されているので、今後は産業構造自体が大きく変わっていくことが予想されます。

AIが発展して新たに出てくる仕事

今後順調にAIの導入が進んだ時、人間社会の産業構造は劇的に変化をすることになります。
2030年には第四次産業革命とされるような機械による生産活動が定着すると言われており、すでにそうしたオートメーション化された工場も多くの場所で運営されているのです。

以前よりAIが進化していくことで消える職業があるということは言われ続けてきましたが、その場合にはいわゆる工場労働のような単純なものだけでなく、知的労働とされてきた専門職もまた同様に消えていくのではないかとされています。
先に医療の例を出しましたが、非常に優秀な医療機器ができたとき、医師という専門職が病気の診断をするという必要がなくなるでしょう。
同じように会計士や弁護士など、特定の分野で過去の事例をもとにして判断をする職業は、AIが発展すれば不要になってきます。

一方で、今後AIが発達することによって生まれる仕事も予想されています。
例えばいくら優秀なAIであってもそれを管理・メンテナンスをする人がいなければ正常に動作をしませんので、専門のエンジニアの需要は高まります。

また、機械だけでは補うことができないサービス分野においては人の存在がますます重要になっていきます。
人の手が必要になってくるのは、AIを含んだマネジメント系の業務です。